カテゴリー「ニュース」の記事

2008年10月 9日 (木)

NZドル急暴落!

3ヶ月ぶりの更新!冬の間はしばらく冬眠していました。わずかでも見てくれている方々の為に、今日から少しずつ更新していこうかな。

ところで、ニューヨークからはじまった、世界同時株安の影響が、もちろんここニュージーランドにも及んでいます。

あれよあれよという間に、NZドルは、1ドル=60円台に突入。下手したら、来週には50円台になるような勢い。僕がニュージーランドにやってきてから(5年半が経ちますが)、一番の安値。

ニュージーランドへ旅行、ワーホリ、留学、ロングステイなどで来られる方には、これといってないチャンスです!

僕も日本円を持っていれば、即両替したいのですが、わずかな財産はほとんど全てNZドルなので、なんか損した気分。

世界的不景気、原油高などの影響で、日本人観光客激減していますが、これを気に遊びに来てください!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ よければクリックしてください。

メインサイトシンプルアウトドアライフ in ニュージーランド

もよろしく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

トラック野郎のデモ行進がんばれ!

ニュージーランドでは、ディーゼル車を運転する為に、ロードユーザーチャージ(走行距離分にかかる税金)を払わなければいけません。

こんなにガソリン代が高騰しているさなかに、このロードユーザーチャージを値上げされるということで、全国のトラック野郎が一斉にデモ行進を行いました。

Photo

全国の主要都市で、町の中心を大型トラックがノロノロ運転するというもの。日本だったら、きっとディーゼル車に何の関係もない人が非難するとことだけど、ニュージーランドでは反応がだいぶん違う。

これぞ民主主義の表れだと評価する人もいるし、がんばれと声援を送っている人もいる。ニュースを見てると、世論の中では同情意見も多いようだ。

何でもかんでも値上げのご時勢、先頭切って抗議運動をしてくれたトラック野郎たちへのエールなのかもしれない。

ニュージーランド人ってなんて気持ちに余裕のある人たちなんだろうと、感心してしまいました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ よければクリックしてください。

メインサイトシンプルアウトドアライフ in ニュージーランド

もよろしく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

ヒラリー卿よ安らかに・・・

 昨日、エベレスト初登頂者の、エドモンド・ヒラリー卿が亡くなった。88歳だった。ニュージーランドでは特別番組があったり、新聞に特別ページがあったりして、国を挙げて喪に服している感じだ。なんせ、この国の5ドル札の肖像にもなっている人だから。クライストチャーチ市内にあるニュージーランド国旗は半旗を揚げていた。

 1953年という時代にエベレストを初登頂をしたことはもちろん、その後ネパールへや自然保護などへの慈善事業への取り組みに対しても、僕は尊敬の念を抱いてやまない。

 マウントクック村で建設中のヒラリーミュージアムの開館式に彼の姿が見られないのが残念だ。

 個人的にはマウントクック村のヒラリー像前で結婚式を挙げて、夫婦の誓いの言葉を述べたので、実際にあったことはないが、他人には感じない存在なのだ。

 またひとつ時代が幕を閉じた感じがする。

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

慰謝料NZ$10,000

 去る1月2日にあった、マウントクック村での交通事故で日本人旅行者が1名亡くなった。ダート(未舗装路)を運転中にコントロールが効かなくなり、横転したあと、車が岩にぶつかり、後部座席に乗った男性が不運にも命を落とす結果となってしまった。

 亡くなった方や遺族の方々はとても気の毒だが、運転していた女性も非常に気の毒。警察によると、些細な運転ミスで、危険な運転での事故ではないそうだ。

 それはさておき、ここでは裁判所が命じた慰謝料の話。

 クライストチャーチの裁判所はこの運転していら女性に対し、遺族への慰謝料NZ$10,000を命じた。日本円に換算すると、たったの90万円

 日本で交通事故で死亡させてしまった場合、何千万いや億もの慰謝料や損害賠償などが生じると聞くが、NZではたったのNZ$10,000。日本の常識だと、もし平均寿命まで生きていたら、その人はいくら収入があるかなどで決められるらしいが、NZではどんな理由であれ、亡くなったらそれがその人の人生という考え方らしい。たしかに自動車保険には、日本でよく見られる、「死亡無制限」なるものはNZにはない。

 人の死の額なんてないのだか、ただ単純に「人の死」に対する文化の違いを感じてしまった。

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

クライストチャーチも揺れました

 先日、北島東海岸のギズボーン沖でM6.8の地震があり、ギズボーン市内もだいぶん揺れて、被害があったそうだが、ここクライストチャーチもほんの少し揺れました。

 ほとんどの人が気付かなかったようですが、阪神大震災の時に、神戸市東灘区の真っ只中にいた僕は、それ以来地震の揺れには超敏感。家で一緒にいた嫁は、「地震や!」という言葉を疑っていたけど、洗濯物や電灯が揺れているのを納得した様子。

 震度1か2ぐらいあったでしょうか?クライストチャーチは全く被害がなかったようです。

| | コメント (0)

2007年12月11日 (火)

クライストチャーチが国内最高気温

 今日は本当に暑かった。本日のニュージーランドの最高気温は、クライストチャーチの33度クライストチャーチが国内最高気温になることはほとんど無いだけに、本当に暑く感じた。

 もちろん日本の夏の方が暑くて不快だけど、部屋に入ればクーラーが効いてるからね。クライストチャーチでクーラーが効いている部屋はまだそんなにないと思う。少なくとも僕の家はクーラーなんて無い。

 明日の天気予報は夕方から雨らしいけど。全く信用してませ~ん。

| | コメント (0)

2007年11月28日 (水)

減便反対!

NZドル高の影響で、ここ数年は日本人観光客の数がどんどん減少している。それに伴って、ニュージーランドへの直行便(ニュージーランド航空/日本航空)の便数も年々減少。ますます悪循環に拍車がかかっているのが現状だ。

昨シーズンのオフピーク(日本の夏)は、関空からクライストチャーチへの直行便が週1便だったのが、なんとかこのハイシーズンは週3便になったそうだが、来年4月からはとうとう直行便がなくなってしまうそうだ。

おいおい、GWはどうなんねん。せめて5月頭までがんばってくれよ!

ニュージーランド政府観光局が多額の費用を投入して、日本へのツーリズムマーケットの促進を図っているそうだけど、いくらお金かけても、飛行機の席がなくなってしまえば、全く意味がない。

NZへ訪れようと考えているみなさん、費用はかさみますが、NZの素晴らしさはどこへも行きません。是非来てくださいね。

| | コメント (0)

2007年9月 5日 (水)

マオリより多いアジア人

 先日の新聞で、クライストチャーチのアジア人の人口はマオリを超えたそうだ。たしかに街中やショッピングモールを見渡しても、圧倒的にアジア人の方が多い気がする。

 こんな僕もアジア人だが、日本人は少数派。多いのは中国人、韓国人。インド人もふえてきた。

 大都市オークランドは、以前からニュージーランドとは思えない程様々な人種がいると言われているけど、ここクライストチャーチもそんな雰囲気になってきたようです。

 保守的なカンタベリアンが多い土地柄、アジア系、イギリス系、マオリ・アイランダー系には少し溝があるような感じを受けるのは僕だけでしょうか??

| | コメント (0)

2007年8月 2日 (木)

NZドル急下落!

先週末から、NZドルが急下落しています。先週末から、日本円で1ドル8円程の下落!一時は10円近く下がりました。

これは、NZバブル終焉の予兆なのか!?

個人的には、この好景気バブルにあまり恩恵も受けていないし、旅行業しているので、バブルははじけて欲しい。このインフレの毎日はしんどすぎる。

今後の行き先が楽しみです。

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

1ドル=100円突入!

とうとう、1ドル=100円を突入してしまいました。この国に永住し、日本円というものに全く影響されない人にとっては、関心のない話かもしれませんが、僕のように、日本からのお客さんを案内しているガイド業や旅行関係に従事している人たちにとっては深刻な問題です。

また、短期の旅行者やワーホリメーカー、留学生、ロングステイの方々にも、全くいい話ではないでしょう。

かつて1ドル=60円台の頃(5年ほど前)に旅行したことのある僕にとっては、当時との物価の違いもあり、日本円を持って旅行すると、今は当時の倍以上の費用がかかる計算。

でも、ニュージーランドの大自然の素晴らしさは変わりませんので、みんな来てくださいね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧