« アーサーズ・パス国立公園の大自然 | トップページ | アーサーズ・パスの高山植物 »

2008年5月18日 (日)

アーサーズ・パスの森

125_2557 サザンアルプスの森林限界まで広がるのがニュージーランド・ブナの原生林日本で見られる北半球のブナとは異なり、南半球のブナを、日本では南極ブナと呼んでいます。

ニュージーランドでは、大きく分けて、マウンテン・ビーチ(山ブナ)、シルバー・ビーチ(銀ブナ)、レッド・ビーチ(赤ブナ)の3種類があります。

Nelson_lakes_tramping_65

アーサーズ・パス国立公園で主に見られるのはマウンテンビーチ(山ブナ)他のブナに比べ、背が低く、大木になりませんが、寒くて雪が降り、風が強く吹く厳しい自然環境でも育つことができます。

0a_3

他の2種類もそうですが、日本のブナとの大きな違いは、常緑樹ということ。一年じゅう緑の葉をつけ、足元には常に落ち葉が敷き詰められています。真冬でも緑豊かなレインフォレスト(温帯降雨林)と氷河を抱いた雪山とのミスマッチの風景は、世界中の他ではあまり見ることのできないものです。

つづく・・・

次回は高山植物編です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ よければクリックしてください。

メインサイトシンプルアウトドアライフ in ニュージーランド

もよろしく!! 

|

« アーサーズ・パス国立公園の大自然 | トップページ | アーサーズ・パスの高山植物 »

トレッキング」カテゴリの記事

ニュージーランド旅行情報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーサーズ・パスの森:

« アーサーズ・パス国立公園の大自然 | トップページ | アーサーズ・パスの高山植物 »